大同病院 看護部 公式サイト

「危険な状態にいる患者さんを家族の元に帰してあげたい」
救命救急の看護は、そんな想いを形にするもの。
必要なことを無駄なく的確に。その積み重ねが結果になる。

「幼くても懸命に戦っている小さな命を助けてあげたい」
小児救急に運ばれた子やNICUの子たちが見せる
命の奇跡。それを未来へとつなげるのが私たちの役目。

看護部理念

私たちは常に患者一人ひとりの傍にいてその人の生活に視点をおいた最善の看護を提供します

基本方針

1. 一人ひとりの尊厳と権利を尊重します
2. 多職種と連携して、生活の質向上を目指した看護を実践します
3. 質の高い看護を提供し、患者、家族の体験が最良となるように支援します
4. 専門職業人として自律し、自己研鑽に努めます
5. 地域のニーズを捉え、地域と連携します

看護部長挨拶

大同病院副院長,看護部長 都築智美

私たちが目指すのは「生活に視点をおいた最善の看護」。患者さんにとっては病院もまた生活の場。 それをふまえ、患者さんの「今まで」と「これから」を捉えた支援ができる看護師の育成を目指しています。
当院では、新卒、既卒採用のいずれにも教育専従の看護師が関わり、技術面から精神面までしっかりサポートします。 新卒の方は安心して業務に携わり、既卒の方は今ある知識や技術をさらに伸ばしていくことができるでしょう。 この大同病院で働く中で、看護という仕事の価値と魅力を実感していただければ嬉しいです。

看護部職員数

480名 (2017年2月現在)
助産師:21名、看護師:418名(認定看護師 16名)
准看護師:12名、看護補助員:25名、病棟保育士:4名

看護体制

7対1看護(1人の看護師が7人の患者さんを受け持つ)

看護方式

担当看護師制
※一部継続チームプライマリー
(産科:妊娠から産褥までのチームプライマリー制)

勤務形態について

大同病院が所属する社会医療法人宏潤会の施設・関連施設には、大同病院のほか3つのクリニックと老人保健施設、訪問看護ステーション、居宅介護支援施設があります。幅広い機能がありますので、将来は高度急性期医療から地域の日常診療、在宅看護まで、自身の適性や能力に合わせたフィールドを選んで勤務できます。

病院見学会・インターンシップはこちら

カレンダーのアイコンをクリックすると予約フォームが表示されます。

インターンシップ・病院見学会詳細について