大同病院 看護部 NURSE RECRUIT SITE

EDUCATION

教育目的

看護師として専門的技術を身につけ、責任ある行動がとれる。

教育目標

1.社会人としての責任と自覚を持ち、大同病院の規範に沿った行動がとれる。
2.マニュアルに基づいた安全な看護技術が実践できる。
3.看護実践における管理的側面を理解し、チーム医療における自らの役割を認識した上で実践することができる。

教育科の役割

当院には看護教育科があります。教育指導者が看護職員の教育やキャリア支援を丁寧にサポートしています。新人看護職員には、
入職時研修から集合研修・演習までに充実した支援を行い部署配属後も定期的なラウンドにより一人ひとりの成長段階を把握しています。
また、年間通じて3回の面接を実施しており継続的な精神面へのサポート体制も充実しています。

新人看護師サポ-ト

看護部全体

新人看護師サポ-トシステム

新人が早く職場に慣れ、着実に技術や知識を身につけていけるよう、当院は厚生労働省推進の新人看護職員研修事業を活用し、部署全体でサポートする体制を築いています。各部署では、教育担当の主任と3年目以上の看護師が業務の指導を、2年目の看護師が精神的な支援を担います。また、他部署の職員や患者様にも理解と協力をいただけるよう、新人のストラップ色を若葉マークを思わせるグリーンにし、さらに名札に「新人看護師」と明示しています。

チューター制度

新人の気持ちがよくわかるから、
2年目の看護師がチューターになる

チューターシップとは、新人看護師一人ひとりにそれぞれ決まった相談相手(チューター)をつけることで、おもに新人の精神面のゆらぎをケアする当院独自の制度です。仕事の仕方、学習方法、学生時代とは違う職場という環境でのふるまい方など、新人ゆえに生じる仕事上の不安や悩みは無数にあるものです。チューターはそうした広範囲な相談に対応することで、看護師として大切な「最初の一年」を無事にクリアできるよう支えます。

新人が一人前の看護師になるために

チューターになるのは、おもに2年目の看護師。前年は自身が新人だった2年目の看護師は、他の誰よりも新人看護師ならではの不安や悩みをわかってくれる先輩です。「チューターがいても、自分から先輩に話しかけるのは難しい…」、そんなふうに思ってしまう方もいるでしょう。チューターはそのような気持ちも良く理解しているため、自分から積極的にコミュニケーションをはかることを心がけていると同時に、自分から話そうとしてくれた新人には常に対応する心構えでいます。ぜひ安心して頼ってください。

病棟全体で新人もサポート

新人看護師は、チューターと実地指導者で作られた固定チームの中で指導され、見守られていきますが、このチームはあくまでも最小単位。師長や主任をはじめ、部署すべてのスタッフが情報を共有し、全員で一人の新人を育てる体制を整えています。

質の高い技術指導

技術的な指導は、教育専任の看護師や、熟達した3年目以上の看護師が担当します。また、集合研修や部署別の技術演習など新人看護師のための返還カリキュラムに組み込んで提供し、段階的に知識・技術を学んでいけるよう設定しています。

新卒1年目研修計画

研修 ポイント
4月 新入社員入職時研修、看護全体研修、看護研修(グループ別) 全職種の新入社員と1週間ほど充実した研修を行います
教育科や認定看護師による講義があります
医療安全、院内感染防止、電子カルテの使医療安全、院内感染防止、電子カルテの使い方、看護技術演習を集中的に行います
【看護技術演習】
口腔ケア、酸素吸入、移乗、移送、吸引、食事介助、採血
5月 薬剤の取り扱い、安全な与薬管理、輸液製品の取り扱い、輸液ポンプ・シリンジポンプ、教育科面接① 講義や演習で知識・技術を身につけます
6月 リフレッシュ研修①、多重課題①、夜勤研修、OJT、皮下注射OJT、退院支援 同期のみんなと1泊2日で山登りや物づくり体験をします
グループワークや部署毎で演習に取り組みます
7月 導尿OJT、輸血・血液製剤の取り扱い、ストレスマネジメント グループワークや部署毎で演習に取り組みます
8月 安全確保の技術、膀胱留置カテーテル挿入OJT、教育科面接② グループワークや部署毎で演習に取り組みます
9月 多重課題②、キャリア開発 グループワークや部署毎で演習に取り組みます
11月 リフレッシュ研修、持続点滴留置 病棟対抗球技大会で思いっきり体を動かしてリフレッシュします
12月 看護実践能力の総合評価(ラダーの評価表に基づいて評価します)、教育科面接③
1月 ラダー認定申請
2月 ラダー評価会
3月 OSCE 1年の振り返り(ラダー認定)

※1月~3月はラダー申請の時期になるため研修はありません。
※上記スケジュールは変更する可能性もあります。

キャリア開発

2年目以降の継続教育・キャリアアップを可能にするクリニカル・ラダー

看護師のレベルに応じて研修を行うことで、着実に力をつけていきます。レベルⅣ以降ではコース別に専門分野を伸ばすことができます。

  • レベル1 卒後2年程度以上
  • 基本的な知識・技術・態度を習得し安全な看護が実践できる
  • 必須研修
    ・フィジカルアセスメント・接触嚥下障害者の看護・化学療法中の看護
    ・心電図の成り立ちと基本波形の読み方・急変時の看護・看護を語ろう
    ・接遇

  • レベル2 卒後4年程度以上
  • 専門領域に関する知識を深め、適切かつ確実に看護を実践し、プリセプターの役割を果たすことができる
  • 必須研修
    ・フィジカルアセスメント・指導技術・筋弛緩剤の取り扱い
    ・褥瘡ケア・アサーション・看護倫理

  • レベル3 卒後6年程度以上
  • 各部署のチームリーダーとして看護部や病棟の目標を意識しながら業務改善や教育指導に関わることができる
  • 必須研修
    ・コーチング・がん性疼痛・キャリアアップ支援・リーダーシップ
    ・指導技術

  • レベル4 卒後8年程度以上
  • リーダーシップを発揮しながら部署内で調整的役割を果たし、主任を補佐することができる
  • 必須研修
    ・事例検討・リーダーシップの育成とコーチング・看護研究

選べるコースでキャリアアップ

  • 認定看護師をめざすための
    スペシャリストコース

    幅広い知識や技術を必要とする
    ジェネラリストコース

  • 質の高い看護サービスを追求する
    看護管理者コース

    看護師の教育から医療を支える
    臨床看護教育者コース

CALENDAR

病院見学会・インターンシップはこちら

カレンダーのアイコンをクリックすると予約フォームが表示されます。