大同病院 看護部 NURSE RECRUIT SITE

MESSAGE

01

手術室 入職2年目

MISA
NISHIMURA

希望の部署に配属され、夢に向かってスタート

看護師と患者さんが笑顔で話す姿や、職種を超えた人間関係の良さ。インターンシップで目にしたそんな光景に惹かれて、当院を選びました。希望の手術室に配属され、自分の目指す看護師に向かってスタートできたことが嬉しいです。 手術室看護師は、大きな治療に臨む患者さんの不安や恐怖に寄り添える唯一の看護師だと思っています。あるとき、かなり不安が強い患者さんがいらしたので、麻酔が効くまで側にいてその方が安心できるよう努めたところ、手術後に感謝の言葉をくださいました。今後も寄り添う気持ちを忘れず看護していきたいと思います。

「オフ」を思いきり楽しむことで、「オン」の頑張りを支える

新人として入職してからは、毎日が新しい経験で、勉強することもたくさん。希望の部署とはいえ、途中で苦しくなることもありました。乗り越えられたのは、一緒に勉強する同期の存在や、親身に教えてくれる先輩方のおかげです。 休日は家でゆっくりしたりお出かけしたり、時には山登りにいったり、最近はパン教室にも通い始めました。休日の楽しみを思い描きながらバリバリ働き、オフのときは仕事を忘れて思いっきり楽しむ。そうした切りかえが、日々の頑張りを支えるポイントになっているかもしれません。

02

A9病棟 入職3年目

MISAKI
NIMURA

人間関係が良いから先輩への相談もしやすい

当院に入職しようと思ったのは、インターンシップに参加して病院の雰囲気の良さに感動したこと、そして先輩から「人間関係が本当に良い」というお話を聞くことができたからです。入職後、困り事に遭遇した際、「先輩や先生に相談してみよう」とすぐ思えている自分に気がついたときは、「この職場を選んで本当によかった」と嬉しくなりました。人間関係が悪かったら、相談したくてもなかなかできないかもしれないからです。看護師人生の1年目を、当院で始めることができてよかったと思います。

誰かのために働けるのはとても幸せなこと

看護師の仕事のいいところは、家に仕事を持ち帰れないこと(笑)。集中して働き、退勤時は「終わったー!」とウキウキ帰宅し、休日はだらだら映画を見て過ごして、そしてまた看護師に戻る。このめりはりが大切と思っています。 正直に言えば、私は学生時代、社会人になるなんて嫌だな…と思っていました。でも今は、責任感を持って誰かのために働けるのはとても幸せなことだと思うようになりました。私自身まだまだ未熟ですが、これから入職する後輩を応援しつつ、一緒に伸びていきたいと思います。

03

ICU 入職4年目

KENTA
KITAGAWA

落ち込んだときも、一緒に考えてくれる先輩がいる

当院に入職して4年目。循環、呼吸など全身状態の管理について詳しく学びたいという思いがあったため、急性期病院である当院を選びました。 当院は人間関係がよく、困ったときなどにすぐに相談できる人が必ずいます。特に新人の頃には、自分の知識の無さを痛感したり、手技等で失敗して落ち込んだり、そんなこともたくさんありましたが、先輩看護師が相談にのってくれ、一緒に解決策を考えてくれたことで乗り越えてくることができました。

印象に残るのは、「あなたが担当で良かった」という言葉

日々仕事をこなすなか、いつだったでしょうか、患者さんに「あなたが担当でよかった」という言葉をいただきました。自分の看護をそのような言葉で患者さんが認めてくださったということ、それはとても印象的で、忘れられません。 今まで、つらい日もたくさんありましたが、優しい先輩方の支えもあり、なんとかここまでやってこれました。安心して、のびのびと働ける環境に恵まれているのは、当院の最大の強みではないかと思います。新人の皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

04

A6病棟 入職2年目

NATSUMI
UENO

先輩の優しさと病棟の明るさが入職のカギ

当院には、学生時代に実習とインターンでお世話になりました。その時の指導者の方がとても優しく、病棟の雰囲気もとても明るかったのが印象に残りました。こんなところで働きたいと思い、当院への入職を決めました。 配属先は混合病棟です。大変な面もありますが、日々たくさんの知識を得られ、それが自分の力になっているように感じられます。温かい先輩方に囲まれて、安心感を持って働けることが嬉しいです。

学生時代の頑張りは、働き出してから活きてくる

入職1年目は、できないことも多く、日々失敗ばかり。でも、失敗を共有できる同期のおかげで、気持ちを溜め込まずに仕事に向き合うことができています。休日もなるべくたくさん寝るようにしていますが、これも心身に疲れを溜めないため。元気に仕事に行けることが大切だと思っています。 看護学生から看護師になることに不安がある方もいるかもしれません。でも、学生時代に頑張ったことは、働き出してから絶対に活きてきますし、先輩や同期の支えもあります。ぜひ思い切って、飛び込んできてください。

05

救急センター キャリアナース

YUKINA
ITO

救急医療に力を入れる病院で働きたかった

私が当院を選んだ理由は、自分が学習したい分野である救急医療に力を入れていたからです。 他病院からこちらに移ってまだ2年目ですが、ERに所属し働く日々は、とても充実しています。やりたいことを応援してくれる上司がたくさんいて、前向きな気持ちで頑張れるのは恵まれていることかもしれません。病院全体がアットホームで仲が良く、職種を超えた連携がはかりやすいところも、とてもいいなと思っています。

コツコツと学習に励むうちに、気がつけば中堅看護師に

私は看護師歴8年目となりますが、新人の頃は「命の重さ」に押しつぶされそうでした。何度も辞めたいと思いましたが、先輩の指導を受けながらコツコツと学習に励むうちに、いつの間にか中堅看護師になっていました。 「努力」と「忍耐」、このふたつで乗り越えてきた今までですが、もちろん嬉しいこともありますし、他の仕事ではたぶんできない、命に向き合う貴重な経験もすることがあります。キラキラと眩しい輝きを持つ新人の皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

06

教育科 師長

RIE
NANGO

チャレンジできる環境がある職場

学生時代の実習先だったため、病棟の雰囲気や施設の構造が頭に入っているというところから当院に入職し、そのまま同じ病院の中で走り続けてきました。現在は看護教育科の師長として、後進の育成に携わっています。 当院には自分の考えを認めてもらえる環境があるほか、どんなことに対してもチャレンジできる機会が多く与えられているのが良いところだと思います。自分のなりたい看護師像に向かって着実に成長しながら、長く勤めていける職場だと思います。

「ここで看護ができて良かった」と思ってもらえるよう努力したい

看護師の多くは「もう辞めたい」と思う出来事にぶつかります。でも、それ以上に、成長を実感する出来事も経験します。できるだけそんなポジティブな面にフォーカスすることで、「自身が目指す看護師像」への育ちを支えたいと思っています。 ちなみに私自身、何年たっても挫折と失敗の繰り返し。でも、課題や目標も、その時々で新しく生まれるものです。振り返り、方法を見直すことで失敗を乗り越え、新たな課題に向かうことで、常に成長できるのではと思っています。 教育科の立場としても、「ここで看護ができて良かった」と思っていただける環境作りに努力したいと思います。新人の皆さんをお待ちしています!

CALENDAR

病院見学会・インターンシップはこちら

カレンダーのアイコンをクリックすると予約フォームが表示されます。